奴隷状態からの脱却は……


by meisou22

世相のウラを読む (132) 拉致問題のウラに隠された真実

 六カ国協議は一向に進展しない。しかも、わが国の悲願である拉致問題解決はこのところ協議されないし、議題にさえのぼらない。これは事実である。後で日本を除く関係者がどのように言い繕おうとも以前の協議合意後の声明文の中にも盛り込まれなかったのだから、今後も取り上げられない事は明らかだ。その原因はどこにあるか。新聞・テレビの分析はいずれも的外れだ。
 この原因は、アメリカ政府が本気で拉致問題を解決しようする意思がないからだ。それはなぜか。アメリカ国民は拉致被害者に対して大変好意的ではなかったか。そのアメリカ政府がなぜ本気にならないのか。その事を理解するためには、ある事実を知る必要がある。それは、北朝鮮という国はアメリカ政府が間接的に作った国だからだ。
 へえ、そんなバカな、と思う人がほとんどだろう。だが、これは真実なのである。まず第一に知らなければならない事は、「共産中国はアメリカが作った」(ジョゼフ・マッカーシー米上院議員の著作)という書物が存在することだ。また、これを裏付ける資料が最近出てきた。それは「ヴェノナ文書」というものだ。これは、アメリカと旧ソ連の間で交わされた暗号電報を、1930年代から1940年代にかけて傍受し、暗号を解読したアメリカ国家安全保障局(NSA)の記録文書である。コラム子は原書でこれを入手した。いつか機会が出来れば誰かに翻訳して貰いたいと思っている。
 長らくこの文書は極秘扱いされ、噂になったことはあるが真相が明らかになるには至らなかった。それが、ついに1995年7月11日公開された。ロシアと米国の資料がつき合わされ、かつての米国地下共産党の活動が明らかになり始めた。米国地下共産党は民主党を隠れ蓑にして議会に入り込んでいたほか、政府中枢部に浸透し、政策決定にまで深く関わっていた。アメリカにソ連スパイ網が作られていたのである。この文書の存在と公開は米国一般市民に強い衝撃を与えた。
 まずその影響が出たのは、悪名高かった「赤狩りマッカーシズム」が再評価され、正当なものとして認められ始めた事。昔の話で済まなくなったのである。つまりだ、先に挙げたマッカーシー議員の著作は全く正しかった。共産国中国はアメリカがてこ入れし、ルーズヴェルトがクレムリンの共産主義者に売った結果なのだ。どうしてこんな事が起ったのかはこの本の中に詳しく書かれている。彼ら(ルーズヴェルト及びマーシャル、そして米国地下共産党とクレムリン)の最終目的は極東の共産化という途方もない策謀であった。それが防止されたのはダグラス・マッカーサー将軍並びに日本国民の強い決意のたまものである。マッカーサー将軍という人はこの意味で日本の大恩人なのである。彼は順当であればアメリカ大統領になるはずであった。アイゼンハワーという軍人は、マッカーサーからすればまるで能なしであり、指揮官の器ではない、とその能力を認めていなかった。
 結果として共産化した中国は、北朝鮮をそそのかして38度線を越境し南朝鮮に攻め込んだ。日本駐留の米軍が迎え撃ったが、本来あるべきはずの米本国からの軍事物資の補給は全くなく、当初は苦戦を強いられたが、次善の策として日本からの補給に切り替え、北朝鮮軍を38度線まで押し戻し、背後にいる中国赤軍をも脅かす情勢となった。これはマッカーサー将軍の優れた戦略能力と、奇跡的に回復していた日本の工業力が背景にある。
 これを聞いたトルーマン大統領は仰天した。なぜなら北朝鮮の38度線越境はマーシャルを始めとするアメリカ民主党左派リベラルが仕組んだ中国及びソ連との密約の結果であり、朝鮮半島の共産化は既定の事実であったからだ。恐らく爾後日本の共産化は時間の問題であるとふんでいたのだろう。それが阻まれたのだから、トルーマンは慌てた。直ちにマッカーサーを軍司令官から解任し、本国に呼び戻した。しかし本国では北朝鮮軍を破り中国を慌てさせた手腕に対し、国民の喝采は大変なものであったという。
 想像するに、以後のマッカーサーに対しての誹謗・中傷や、嫌がらせ、大統領にさせまいとする民主党内の隠れ共産党員の策略は想像を絶するものがあったであろう。もし、彼が大統領になっていれば、ヴェトナム戦争やそれに続く血なまぐさい陰謀、東西冷戦などは起り得なかった。
 今、アメリカ国民の戦中・戦後の歴史観は大きく変わろうとしている。コラム子がかねてより指摘してきた通り、価値観が180度ひっくり返る日もそれほど遠い事ではない。それに引き換え日本はどうか。北朝鮮の拉致問題一つを取ってみても、真実をつかんで交渉しているとは言い難い。北朝鮮が拉致して連れ帰った日本人は、日本共産化の尖兵にしようと企んだ結果なのだ。アメリカがその事を知らなかったはずがない。そしてそれはアメリカが仕組んだ、中国及びそれに続く北朝鮮の共産化が原因なのだ。そんなアメリカに拉致問題を解決しようとする意思がないのは当たり前である。
 ではどうすればいいのか。答えは簡単である。アメリカ追随政策を直ちに改め、日本の独自外交を展開すればいいだけである。真に日本の利害をはっきり表明し、言うべき事を言う外交姿勢に改めなければならない。アメリカに脅されて腰を引くような臆病な外交官は直ちにクビにせよ。アメリカナイズされた政治家や学者は売国奴として追放せよ。
 田中角栄はただ一人独自外交を始めようとしてアメリカ(キッシンジャー)に睨まれ失脚させられた。その片棒を担いだのは自民党内の親アメリカ派と、アメリカにマインドコントロールされたマスコミである。
 最後に、長くなるが真珠湾奇襲攻撃はルーズヴェルトによって仕組まれた罠であった、と暴露したジョン・コールマン博士の文書から引用する。
「朝鮮戦争が起きると、日本に対するマッカーサーの政策は実質的な成果を上げ、両国に益をもたらした。とりわけ、ワシントンの強い反対を押し切って、幣原喜重郎(しではら きじゅうろう)を超党派内閣の首相として残したその政策は、日米両国民の友好的関係の修復という点で、大きな分岐点(ターニングポイント)となった。1946年4月10日(第一回総選挙の日)には、共産党の立候補者はほとんど落選し、中道政党による新たな政府が復活した。
 だが、こうした屈辱を甘受するような『中国専門家=チャイナ・ギャング』ではなかった。彼らはマッカーサー将軍の強い反対にもめげず、――連合国の後押しを得て、日本でも『知識人、ビジネスマンも含む、攻撃的国粋主義活動分子』に対して、レーニンのやりかたを思わせるような『粛清=パージ』を展開した。これはトルーマン大統領によって仕向けられた方策だった。同大統領はマッカーサー将軍による日本とアメリカの関係修復策にことごとく反対した。そして何と言っても、この大統領の名は1945年8月6日の、広島への原爆投下を決定した大統領として、(三日後には長崎への投下も決定している)記憶にとどめられるに違いない。どちらの都市への原爆投下も日本政府が降伏文書に調印することを同意したあとのことだった。
 計算され尽くしたこの残虐行為で、三十万名(95%が一般市民だった)の日本人が死亡した。『アメリカ人の生命を救う』ため、というその釈明は――就任後、トルーマンも無条件降伏の政策をとり続けた事実と照らし合わせると――まったく筋が通らず、説得力も希薄である。本当に『アメリカ人の生命を救う』ことを望んでいたとすれば、『無条件降伏』つまり、前大統領によって植えつけられた復讐心と憎しみに立脚した政策を撤回すれば、それで事足りたはずである」
 日本人もここらで、本当の歴史認識と真実に目覚めなければならない。
[PR]
by meisou22 | 2008-05-10 11:37