奴隷状態からの脱却は……


by meisou22

武山レポートです 39             2009.4.27

 武山です。早速ですが、豚インフルエンザのパンデミックが始まりそうです。3月22日、アメリカの生物化学兵器の研究拠点・フォート・デトリックから「豚インフルエンザ」のウィルス・サンプルが盗み出され、行方不明になりました。それから数日後にメキシコで流行が始まり、現在に至っています。
アメリカでも感染が確認され、アメリカの豚インフルエンザウィルスと、メキシコのそれと、遺伝子構造が一致したという事は、両方のウィルスが同じ物であるという事です。生物学的にメキシコとアメリカとが同時に同じ遺伝子を持つウィルス性疾病の流行が始まる事は、あり得ません。これは、人工の改変された豚インフルエンザウィルスが意図的にばら撒かれた、と見るのが自然です。また、最近メキシコを訪問していたオバマ米大統領が、メキシコの著名な考古学者であるフィリペ・ソリス博士と会談しました。しかし、ソリス博士は翌日原因不明の感染性疾病で死亡しました。一部に、この原因不明の疾病は「豚インフルエンザ」ではないか、と囁かれています。これは意味深長です。いずれにしても、この「豚インフルエンザ」ウィルスは非常にうさんくさいシロモノです。
この豚インフルエンザはスペインやカナダでも感染が確認され、いま世界的に大騒ぎになっていますが、注意しなければならないのは、鳥インフルエンザ用に開発されたワクチンは、豚インフルエンザには効かない可能性が高い、という事です。また、タミフルも効かない可能性が高く、例え効いても重大な副作用が懸念され、老人や未成年者に服用させるのは大きな問題が残ることです。
大切なのは、クスリやワクチンに頼るのではなく、日頃の公衆衛生に注意し、自分の体力で治す努力をすることです。食べ物や過労に注意し、衣類や夜具で気温の急変に体を合わせることです。寒いだけでなくむしろ暑い時に、汗などかいて体温を奪われないようにしてください。また、うがいや手洗いを励行してください。その方が予防に効果的です。 
[PR]
by meisou22 | 2009-04-28 10:38