奴隷状態からの脱却は……


by meisou22
最近、インフルエンザが流行っています。風邪かな?と思ったらすぐクスリなど飲まずに早めに暖かくして休んで下さい。風邪の時には寝るのが一番! ところで、私のこのメール、随分多くの人が希望しているそうですよ。重要な最新情報を時間を置かずにお届けするからです。ということは、多くの人が最新の正しい情報を求めているからです。まあ、どうかうっかり読み過ごすことのないように、良く読んでおいて下さい。ところで、バチカンが崩壊を始めマシタ。原因はナチのホロコーストがデタラメであった事。600万人という人々がガス室に送り込まれて殺された、というハナシ、どうも作り話であったようです。殺された、といってもせいぜい20分の一だそうです。むろんガス室なんて存在しませんでした。第二次大戦後、一部のカトリック関係者が不審に思い、かつ自らの良心の呵責に耐えかねて真実を語っていましたが、すべてバチカンから圧力をかけられ、追放されるか、酷い場合は暗殺されました。ヨーロッパではホロコーストを批判する事は犯罪であり、絶対のタブーだったのです。それがここに来て、ローマ法王庁が事実を認め始め、追放者の名誉を回復し始めた、という事です。つまり、ホロコーストはでっち上げであり、バチカンによる世界征服戦略の一端であった、ことが隠しきれなくなったのです。現在、歴史的に過去の過ち(ホロコーストが過去の過ちであった、ということではなく、ホロコーストをでっち上げた事が過ちであった、という事です)を訂正する動きが始まったという事です。そうすると、ついこの間のガザの戦争、ひいてはユダヤ人のシオニズム運動そのものがウサンクサイ、ということになります。これは大事件デス。何と言っても欧米人にとって、二度にわたる大戦とユダヤ人に対する抑圧の事実が見直されるからです。彼らのアイデンティティそのものが根底から覆されることになります。アウシュビッツの大虐殺なんて無かったんですから! どこかの日本の宗教家がつい先日、現地で供養の大護摩を焚いた、と誇らしげに語ったことは、とんだ茶番であった、ということデスナ。まるでブラックジョーク=笑い話デスなあ。そう、世界に存在するほとんど100%の宗教が金儲けが目的のダマシであり、マインドコントロールをかけて善人から金品すべてを身ぐるみ剥いで行くハゲタカのようなものです。この極端な例がアメリカ合衆国です。この国は「国家」ではありません。ごく一握りの選ばれし「選民」による世界征服の道具だったのであり、ダマシで固められた、ウソの総本山でした。その中心人物がバチカンの総責任者つまりローマ法王でした。いま、その秘密が暴かれたのです。むかし、聖マラキの予言書というのが存在しました。その書によればバチカンは次の法王の代で終わりデス。実質は現法王「べネディクト16世」=ダース・ベイダー=悪の権化、でおわりです。 どうですか、だいぶ謎が解けたでしょう? 
[PR]
# by meisou22 | 2009-01-30 15:18
  つい先日、ロスチャイルドの頭目エドモンドがオバマの大統領就任直後に死去しました。聞くところによると、五つに分家されていたマイヤー・アムシェルの子孫の家系は、パリのフランスロスチャイルド家に資産を統合した、とか、そうするとか決定したそうです。そういう意味でエドモンド・ド・ロスチャイルドの死去は大変意味のあるものです。また、ロックフェラー家の方も、デイビッドの寿命がそんなに永いはずはなく、何人かいる跡継ぎの権力争いがこのところ表面化して、衰退は時間の問題です。こうみてくると、イルミナティの13血流は遅かれ早かれ、いずれ近い内に消滅する運命にあるのかも知れません。これは私の感想ですが、近い内に彼らのあれほど顕在化していた圧力は、世界のあらゆる所からみるまに消滅し、そうなると、雨後の筍のように勝手な曰く話や、暴露本が表れることでしょう。皆さんはそういう類の薄っぺらな記述の本に惑わされず、じっと目を据えて歴史の真実を考察する努力を忘れないで下さい。それが確かな二元性からの脱却・卒業に繋がることになります。地球の歴史は権力者やデマゴギー達によって、徹底的に歪曲されて書き残されています。ひどいのは学校の教科書のほとんどが捏造と歪曲によって塗り固められています。第二次大戦や日本軍の真珠湾攻撃、二度の原爆投下の真実、9.11テロなどはその典型です。我々は、地球の次元上昇に先立って、これらの真実の回復に注意・努力を惜しんではなりません。これは非常に大切な事です。この地球での最後の卒業課題となるでしょう。そう、地球での悲惨な経験は我々人類がカルマを果たし終え、卒業するための言わば卒業試験でもあったのです。そういう意味では、彼らは立派に悪の役割を果してくれました。決して彼らを憎んではいけません。できれば、私たちとともに愛と調和の溢れる5次元の天国へ旅立てるよう、光を送ってやって下さい。いえ、これはきれいごとや、おためごかしにいっているのではアリマセン。念のため。皆さんは「ラー」の新たな法の元にさらに進化を続けて行く仕事が待っているのです。では、また。
[PR]
# by meisou22 | 2009-01-30 14:50
 昨日(1月25日)山形県知事選挙と三重県松阪市の市長選挙で注目すべき結果が出た。山形県知事選挙は民主党推薦候補が勝ったが、メディアの報道は自民党の痛手であるとの論評に終始している。しかし重大な点は勝った候補者が公共事業の推進と景気回復のための積極財政を唱え選挙民の支持を得た事だ。今の自民党政権の問題は公共事業縮小、緊縮・増税による財政健全化を唱えている点にある。これが住民に大変な負担を強いて、厳しい不況にさらされている現況では、もはや我慢も限度に来ている事を政治家も評論家も理解していない。メディアも財政健全化をお題目のように唱え、それさえクリアできれば住民は幸せになれるかのような報道姿勢に終始しているが、もしそれが住民の総意ならば自民党候補が敗れる事はあり得なかった。なぜなら、勝った吉村候補は財政出動による積極財政推進派だったからである。
 これは何を意味するか。メディアのコントロールが効かなくなり、ようやく住民が「何かおかしい」と気付き始めたからだ。良く考えてほしい。今や地方は大変な不景気に見舞われ、出稼ぎに出ていた労働者が派遣切り等により塗炭の苦しみを味わっている。それはなぜなのかを本気で考え始めたのだ。つまり今必要なのは、一時給付金や失業保険などの対策ではなく、働くべき仕事にありつく事なのだ。そのためには内需拡大による景気の回復であり、自分の近くで仕事が出来る公共事業の拡大である。地方は永年の公共事業の縮小により、現金収入の道を極端に閉ざされ、仕方なく県外に出稼ぎに出ていたものが、さらに世界的な金融危機によってその働き場所さえも奪われてしまっている。つまり地方は景気回復が一番望まれているし、メディアがそれを全く理解していない事が今度の選挙結果の分析記事に表れている。つまり不況時のデフレ政策を否定したためである事を見逃してしまっている。  
松阪市での結果は、当選者が民主党を離党し、市財政の悪化の原因になっている医療費増加の原因を敢えて封印し、市民医療費の無料化を訴えての当選である事も理解していない。そもそも民主党は公共事業の半減を公約にしており、山形県での選挙結果は住民が民主党を支持したものではない。松阪市に至っては当選者が民主党を離党している。これが意味するところは重大である。まさに住民の意識が変わり始めているのだ。オバマの大統領就任にもこの見方が通用する。世界は本当に変わり始めたのである。
[PR]
# by meisou22 | 2009-01-26 16:17
 いまイスラエルのガザでナチのホロコーストにも匹敵するような大虐殺が起きている。しかし、日本の政府高官はなんら手を打たないばかりか、自らの息の掛かったマスメディアに対して、国民に真実を知らせるべき報道姿勢にすら圧力で押さえつけている。もっとも報道機関は「自主規制」と称して初めから詳細な取材をやめてしまっている。しかも、今回のガザの戦闘は昨年8月のグルジア戦争とも深い関係がある。グルジアでは南オセチア住民が2500人も虐殺された。しかもグルジア軍の一方的な攻撃によって多数の非戦闘員である一般人が死亡しているのだ。今回のガザでも非戦闘員のみならず数百人の子供たちが犠牲になっている所がより悲惨である。グルジアの場合は未だにNHKを始めとする日本のマスメディアはロシアの攻撃にのみ非難の矛先を向け、グルジアの一方的戦闘的行為を伝えていない。
 だが、最も不可解なのは、この両方の戦争が一体何が原因で発生し、裏側にどういう動機が潜んでいるのか、人々の理解がまったく及んでいないところであろう。特にガザ戦争ではイスラム過激派とイスラエルとの宗教紛争だと見ている。だが、この見方はまったく的はずれである。真実は、グルジアの戦争と今回のガザの戦争が根底で深く繋がっている事と密接に関わっている。それは、二つの戦争とも宗教戦争とはまったく関係のない“世界征服”が目的だからである。グルジアでの戦争は陰でアメリカの現政権がサーカシビリをけしかけてロシアに揺さぶりをかけ、東欧諸国を巻き込んで第三次世界大戦、もっと言えば核兵器の使用まで目論んだ大戦争、つまりハルマゲドンを起こそうとする思惑が隠されていた。それが外れたのは米軍部が思惑通り動かず、更にはロシアの反撃が意外に早く、東欧が軍を動かす隙がなかったためだ。ガザの戦争は、世界中の正常な目を持った市民の反応がインターネットを通じて瞬く間に広がり、イスラエル政府の無謀振りが暴露されているため、バックでアメリカが動くに動けなくなっている。すなわちどちらの戦争もアメリカに巣食う闇の世界政府勢力による、どす黒い世界征服の野望が見え隠れしている。
 今回の世界の金融危機も彼らが仕組んだものであり、根本は同じものである。この認識が欠けていると、今回の一連の出来事の解明は不可能だ。つまり、今起こっている世界的な金融のメルトダウンは意図して起こされたものであり、ガザ及び、グルジアでの戦争も同じ一連の出来事なのだ。
 ここで理解すべきは、いずれの戦争も宗教とはまったく関わりのない、ある民族の理解を超えた選民思想が根底にある事だ。それは、ユダヤ教(バビロン宗教)のタルムードとカバラに源を持つ世界征服の野望である。いま、世界を動かしているユダヤ人と言われている人々はホンモノのユダヤ人ではない。つまり、旧約聖書のイサクやヤコブという人々とは何の関係もない、トルコ系カザール人の子孫なのである。だからこそ彼らにシオニズムという思想は存在する権利も根拠もないのであり、彼らには、れっきとした故郷がカスピ海沿岸に存在する。この人種を、アシュケナージ・ユダヤ人という。世界中のユダヤ人の90%はアシュケナージなのである。そして彼らは白人種である。東欧や、ロシアにこれらのユダヤ人が多いのは、8世紀にカザール国が集団改宗によって自称ユダヤ人になったためである。そのうえ彼らの故郷は昨年8月に戦争を起こしたグルジアなのだ。アメリカ東部エスタブリッシュメントと言われる人たちもその多くがカザール人の子孫である。そして、彼らが世界の金融を操り、世界を我が物にして、血も涙もない冷血な闘争を繰り広げているからこそ世界中で流血の惨事が後を断たないのである。この出来事の裏側には、更に隠された事情が存在するが、その事はここでは述べない。
 いずれにしても、もはや世界は一つの激流に呑み込まれてキリキリ舞いを始めている。もう後戻りは不可能である。しかし、案ずるには及ばない。もうすぐ後には、明るい未来の「黄金時代」が開けているのだから。我々は日本人の中にも存在する思想的カザール・ユダヤ人どもの魂胆を打ち砕き、新しい地球の未来を担う義務と能力を持たされているのである。
[PR]
# by meisou22 | 2009-01-16 16:49
  おはようございます。武山です。昨日は風邪を引いて一日寝込んでいました。今日も調子が悪く、午後から早引けします。ところで、私が注目しているブログの論評があります。それは、「高橋清隆」という人物のものですが、その最新号に「不自然な蟹工船ブーム」というのがありました。これは昨今のワーキングプアやハケン切りなどで、若者が共産主義への傾倒を強めている、という現象を取り上げて論評したものです。私もこの若者の左翼的思考への回帰現象は、現象そのものを見る限り、不審なものが感じられます。どこが、どう不審なのか。それは、「蟹工船」ブームを、後ろで煽っている者が居るらしい、という事です。その第一は日本の大手出版社が、大々的にキャンペーンを張って(新潮社)、平時の130倍という100万冊に近い売り上げを記録しているからです。私は小林多喜二の本は読んだ事がありません。しかし、言える事は、小林多喜二がこの本を書いた時代と現代とがかなり隔絶があるという事実です。それを踏み越えたうえでこれだけの部数が販売されたと言うなら、私は日本人の読書能力もたいしたものになったな、と思っていいと考えます。しかし、そうではないことは事情を良く調べてみるとハッキリします。新聞・大雑誌の取り上げ方によって、一般大衆が煽られている、というのが本当のところのようです。で、似たような動きはヨーロッパでも起きているらしいのです。そして、私が以前から事ある毎に言ってきた、「資本主義」と「共産主義」はもともと同じ穴のムジナである、という歴史的事実。それは、両方とも一般大衆をコントロールし、奴隷化する手段であった、という陰謀であることです。またぞろ同じ怪物が動き始めている、という事です。日本人は罠にハマりやすい傾向があります。注意しなければなりません。闇の手先はこういう所にも付け入るスキを見つけて大衆を扇動しようと狙っているからです。ただし、私は小林多喜二がダメだと言っている訳ではありません。あくまでも時代背景が違う、ということです。そして、当時はまさか「共産主義」が資本主義と同じ穴のムジナだとは誰も認識していませんでした。今はそれが歴史的に見て、大衆扇動の道具に過ぎなかった、ということです。この事を良く認識すると、「二元性」というものの本質が見えてきます。善と悪、白と黒、光と陰、プラスとマイナス、どれも同じ思考の繰り返しであり、我々人類はもうそろそろこの「二元性」を卒業しなければならない進化の過程にさしかかっているのです。そのことを突き詰めて行けば、現代社会の抱えている問題、経営者(使用者)と労働者、正規社員と非正規社員、常用と臨時、という事も同じことの繰り返しである事が分かります。要は労働者の搾取制度に問題があるのであって、本質は非正規社員を正規社員にするような事では決して解決しないということです。では、また。  
[PR]
# by meisou22 | 2009-01-13 10:55